アクティビティをより楽しむために沖縄を知ろう

沖縄の代表的なアクティビティであるシュノーケリングを楽しみたいなら、ある程度に沖縄の情報を把握しておくことがより楽しむために必要な作業と言えるでしょう。ここではアクセス方法や気候の特徴。海の特徴を紹介します。

どうやってアクセスするのか?

シュノーケリング目的で沖縄へ行こうとした場合、どのような方法でアクセスすればいいのでしょうか。基本的にはやはり沖縄の那覇空港へと航空機を使ってアクセスするのが一般的ですね。

東京の羽田空港からであれば約2時間と30分くらい。大阪の伊丹空港からのアクセスだと2時間前後でアクセスが可能です。早朝便が出ているこれらの主要空港からであれば、早朝にアクセスすれば午後は十分にシュノーケリングを満喫できます。

沖縄の気候はどんな感じ?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが沖縄の気候は年間を通じ寒暖差がないという特徴があり、台風などの時期を除くと穏やかな気候で過ごすことができます。

非常に暑いイメージのある沖縄ですが、日差しこそ強いものの実は夏場でも東京や大阪などのように35度以上の猛暑日になるようなことはなく、快適に過ごすことが可能なのです。

秋口くらいの10月頃になってくると夜や早朝などは涼しさを感じるような気候になりアクティブに動き回るような旅行にはもってこいのシーズンになるといえるでしょう。

沖縄の海の特徴は?

海のアクティビティであるシュノーケリングを楽しむなら、沖縄の海の特徴を覚えておくべきでしょう。沖縄は前述にもある通り一年を通じて穏やかな気候が続きます。

このため年がら年中海に入れると思いがちですが、遊泳期間は3月から10月までとなっており、11月から2月までは泳ぐことは出来ません。他のエリア同様に海開きがあるので忘れないようにしましょう。

沖縄を知ればもっと楽しいアクティビティになる

シュノーケリングなどのアクティビティを楽しみたいなら、沖縄のことをある程度に把握しておきましょう。特に海の特徴などを把握していれば、せっかくの旅行期間を無駄にすることはなくなりますよ。

関連する記事