シュノーケリングを行う際に着るべき服装は?

沖縄でシュノーケリングを楽しみたいなら、シュノーケリングの際に着用する服装について覚えておくべきでしょう。一般的に海のアクティビティといえば、ウェットスーツやラッシュガードですが、それ以外にも覚えておきたいアイテムがありますよ。

ウェットスーツとラッシュガード

シュノーケリングを行う際の服装としては、ウェットスーツかラッシュガードというのが一般的ですね。両者の違いですが、ウェットスーツは2mmから7mm程度の厚さで、厚みがあるものほどに保湿性に優れているという特徴があります。

水の中に入ると内部に水が侵入してきますが、身体のサイズにマッチしているものであれば少量で済みます。またワンピースタイプや半袖、半ズボンなどさまざまなスタイルが存在しています。

ラッシュガードはマリンスポーツのアンダーウェアとして利用されるものが多いですが日焼け予防や裂傷予防でシュノーケリングの際に着用する方も多いです。

ウェットスーツほど厚みがなく、かなり薄く製造されています。こちらもバリエーションが豊富であり前開きのものやフード付きのものなどがあります。

寒さに弱い方にはプラスαのアイテムを

ウェットスーツやラッシュガードでは防寒対策に不安という方の場合には、他にもアイテムが存在していますからそれらを利用していきましょう。

例えばほっとカプセルというアイテム。これはウェットスーツのアンダー専用で着用するためのインナーウェアになります。素材や保温性に優れているためマリンスポーツのみならず、バイクや雪山などでのインナーウェアとしても広く活用されています。

次にエアスキン。これは発泡ゴムを素材にしているインナーであり風や水を一切通さないようになっていますから、防寒・防水対策にはバッチリのアイテムです。

怪我や寒さ対策をしっかりしよう

シュノーケリングは水の中に入るアクティビティです。このため気候が暖かくても体感温度では寒いと感じる方もいらっしゃいます。また岩場などで行う際には怪我の予防にも繋がりますから、シュノーケリングにマッチした服装で楽しまれることをおすすめします。

関連する記事