季節によって違う沖縄の海の特徴

沖縄でシュノーケリングを楽しみたいと言っても、季節によって沖縄の海はさまざまな顔を見せてくれます。どのような海を堪能したいかによって、訪れるべきタイミングは違うということ。ここでは四季の違いによる沖縄の海の顔について紹介します。

春の沖縄

サクラが舞っている時期で沖縄は既に海開きをしています。3月から4月の春時期は沖縄の海は22度から24度で十分にシュノーケリングが楽しめます。

混雑する夏場を避けて楽しみたいならおすすめのタイミング。

夏の沖縄

夏の沖縄の海はなんといっても暖かくなるため、魚も多くなり海の景色が活性化するということでしょう。ただし以外にも楽しめる時期は短く、梅雨や台風を避けることが臨ましいですね。

梅雨は5月のGW明けから6月の終わりくらいまで。また7月の中旬が台風のタイミングになりますから、後悔したくないならこの時期は避けたいところですね。

秋の沖縄

秋の沖縄の海は台風などが去り、やっと落ち着いてくる環境が整います。水温はまだまだ暖かく、その上で透明度も高くなる特徴を持っていますから、知る人ぞ知るシュノーケリングにはベストなタイミングとも言われています。

冬の沖縄

冬の沖縄の海はなんといっても透明度が高く、他の時期以上に海の景色がクリアに映るのが魅力です。水温は低くなりますがドライスーツを着用すれば問題はありません。

観光客が他のタイミングと比較しても少ないため、観光地特有の喧騒とは無縁の状態でシュノーケリングを楽しみたい方にはおすすめの時期になります。

自分にマッチした時期に訪れよう

このように沖縄の海と一口で言っても季節の違いによってその特徴は大きく変わってきます。それぞれの時期の特徴を知っておかないとせっかくの旅行計画も大幅な変更を余儀なくされる恐れがあります。

特に夏場は海のアクティビティ本番と思われがちですが、他のエリアでの夏時期には梅雨や台風の影響でシュノーケリングが楽しめない可能性も高いもの。

自分の望みに見合ったベストのタイミングで沖縄を訪れましょう。

関連する記事