ケラマ諸島でのシュノーケリングってどう?

沖縄でシュノーケリングを楽しみたいと思っても、何度も利用された経験があればともかく、初心者の場合にはツアーも沢山あってどんなものを選んだら良いのか分かりませんよね。ここでは慶良間諸島でのシュノーケリングにスポットをあてて紹介します。

慶良間諸島でのシュノーケリングの特徴

数多くある沖縄のシュノーケリングスポットの中でも有名なのが慶良間諸島でのシュノーケリングです。船を使って移動をした場合には時間がかかるのがネックであるものの、ケラマブルーと呼ばれる透明度が高い海の魅力に取り憑かれているファンは非常に多いです。

沖縄本島から離れてしまいますからある程度の滞在時間を予定されている方でないとバタバタとしてしまい、心から楽しむことができなくなる可能性があるので注意が必要です。

慶良間諸島でのシュノーケリングを利用するには?

慶良間諸島でのシュノーケリングを利用するには、大まかな情報を把握しておくことが重要です。まずは予算ですが、一般的なものだと大体4000円前後のコストが掛かります。

丸一日楽しむロングコースのツアーなどでも6500円前後のコストになり、1万円以上するものはあまりありませんからお手頃な料金で利用できるようになっています。

所要時間は短いものだと3時間前後。ロングコースで8時間といったところでしょう。エントリーはボートからになっているものがほとんどです。注意点としてツアーによっては6歳未満は利用不可などの年齢制限を設けていることもありますから事前にチェックしましょう。

予算も安い慶良間のシュノーケリングは人気

ロングコースでも1人あたりのコストが1万円以下で済んでしまう慶良間諸島でのシュノーケリングは人気の高いシュノーケリングプラント言えます。

それぞれのプランで所要時間や年齢制限が設けられているものもありますから、事前にある程度の情報をチェックするようにしましょう。離島ならではのザトウクジラやイルカなどのウォッチング体験もできるのでおすすめです。

関連する記事